2013年06月29日

メルマガで稼ぐための主人公設定

いいですか? 「あなたが媒体を書いているんですよ?」
私でもありませんし、知らない人でもないのに…。

あなたが、自分の文章で、
今、伝えたいことを伝えるのが媒体でありメルマガ。


いつも相手の顔色か何かを疑って、
ひとつの商材をレビューするのも、
ビクビクドキドキしちゃって。


「売れなかったらどうしよう…」
「今日もアクセスがなかったら…」


こういう不安の感情って、
面白いくらいに拡大していくんです。

悲しいことに、苦しんでいるときのほうが、
自分の中に作られる精神のハートって、もろいんですよ。


だから記事を書いているときや、
メルマガを書いているときは、

「何よりも人を喜ばせる前に、
   自分が楽しんでいないと」お話にならないんです。


それに悲痛な感情で媒体を書いていても、
そういう負の力しか、作用しなくなってくるからね。

思っているだけでダメ、
あなたの中である種の確信が生まれるまで、

「どれいっちょ書き殴ってやろうじゃんか」

くらいの楽勝ムードがないと、書いていて疲れちゃうんです。
何よりも「メルマガやサイトの主人公はまぎれもない君自身」


作るのも、書くのも、自由なんですから。



▼ 読み手の奴隷になる媒体を、いっそのこと捨てませんか?


  >> 
アフィリエイトディスカバリー
posted by アフィ at 00:00| Comment(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。